• イワヤジュンコ

人と動物が幸せに暮らす街



そういえば、とコーヒーを淹れながら彼女は言う。

「ふてぶてしいやつがいるのよ」

ふてぶてしい。へえ。いったいどこに?


彼女の目の動きを追って、何気なく庭に目をやる。 「庭よ、庭」

ふむ。それは、あいつか。 「・・・そう。あいつ」 日差しが当たる一番良い場所。気持ちよさそうにへそ天で眠っている野良ネコを発見。確かにふてぶてしい。なんでも昨夜は窓の枠にしがみついて、一時間でも二時間でも、リビングを覗いていたのだとか。 「庭の花に水をあげようとして外に出ても、どかないの。ずっと寝てる。私が近づいても、平気な顔。野良猫ってもっとびくびくしているものだと思っていたわよ」


それはふてぶてしい。ド根性猫だ。このへんのボス猫だろうか。

確かに貫禄はある。でも見ない顔だ。どこからか迷い込んできたのだろうか。それとも、ほんとは全然ふてぶてしくなくてド天然猫か。なわばりを追いやられ、たどり着いたか。


「うちにはもう4匹も保護猫がいるんだから、勝手に居ついてもらっちゃ困るわけよ。だってかわいくなっちゃうじゃない」


そうだよねえ。情に流され早や数年。この家には猫が途切れたことがない。それもぜんぶ、保護猫。


「あなたは長い付き合いだからわかると思うけど、私はこう見えても筋金入りの猫好きなの。今は猫にとって、不遇の時代でしょ。野生の猫よ。どこに住んだっていいはずなのに、棒で叩かれて追いやられたり、水や熱湯をかけられたり。そりゃあね!丹精込めて育てた花の横に、粗相されたときは私だって怒り狂ったわよ。でも、仕方ないじゃない。なんでもかんでも、人間がいいようにはコントロールできないわよ」


ずーっと、おんなじこと言ってるね。君は。僕と一緒に暮らし始めたときから。


「見て。こんなチラシをもらったの。地域猫活動だって。ふふふ、『人と動物が、幸せ!に暮らすプロジェクト』だって。こんな活動をしている人がいるんだねえ。世の中捨てたもんじゃない。しかもこれ、環境庁が後押ししているらしいよ」 ユル~い猫のイラストが描かれた、パステルカラーのチラシ。 「なんだかこのにゃんこのイラスト、あなたに似てるじゃない?」 彼女が僕の喉を指でなでる。

そうかい?似てるかな?

「ねえ、庭のふてぶてしいコを迎え入れたら、うまくやってくれる? いつもみたいにさ。先住猫のプライドを傷つけるようなことはしません、て」 はぁ。どうせそんなことだろうと思ったよ。 君は困っているコを見ているとほっとけないんだ。

でも、僕と君は、だいぶ長いことうまくやってる。

僕は君が理解できないし、君も僕を理解できない。

趣味も、休日の過ごし方も、全然違う。僕は君一筋で、ごはんも決まったカリカリじゃないとダメ。君は優しくって気が多くて、なんだって食べる。

共通点なんてない。「わかるよ~」って言えない。だってわかんないし。


だけど、一緒にいる。すごいよね。同じ人間だったら到底できないことさ。 「なんで理解してくれないの!」ってなっちゃうもん。 理解できないことが許される関係って、最高じゃん、って思うんだよね。 『人と動物が幸せ!に暮らすプロジェクト』か。 うん、まあ。僕たちはとっくの昔に、ね。



 

環境庁推進の地域猫活動、普及チラシのご依頼を受けて、オールイラストのチラシを作成しました。地域猫活動は現在、日本全国に広がっているそうです^^

昔は、野良猫と同じくらい、野良犬もたくさんいました。

我が家のまわりは森、林、山です。ハクビシンもいればたぬきも、アナグマも、猿も、カモシカも熊もいます。蛇もいます。猫と同じ「野生」「人の手で飼育されていない動物」ですが、彼らが生活圏内に入っても近所の人たちは黙認しています。

でも、猫は迫害されてしまう。 それだけ猫は人間の生活に近い身近な動物、ということなのでしょうけれど……。

この活動、この普及チラシで、少しでも人と動物が共生できる世界が来ることを願って。

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示